カードローンの返済はどのATMでもできるの?

提携していないATMだとカードは使えない

カードローンの返済はATMを利用するのが便利です。近年、コンビニにATMが設置されるのが当たり前になってきていて、自宅近くに銀行がなくてもコンビニさえあればそこから返すことができますし、銀行振り込みによる返済と違い、手数料がかからないことが多いからです。ただ、どのATMであっても返済に利用できるというわけではありません。カードローン会社と提携していないATMだと、カードを挿入しても、「このカードは利用できない」といったメッセージとともに返却されてしまいます。したがって、実際に返済する前に、これかに行こうとしているATMを利用できるかどうか、カードローン会社のホームページで確認するようにしましょう。

一番利便性が高いのは貸金業者直営のATM

では、返済に利用できるATMであればどこでも使い勝手などは同じなのでしょうか。ほとんどのATMは同じといえますが、一つ、明確に違いがあるATMが存在します。それは、カードローン会社が直接運営しているATMです。たとえば、消費者金融のカードローンであれば、駅周辺のビルや国道沿いの建物に無人契約機が設置されていることが多いですが、その中に消費者金融直営のATMが存在します。直営のATMの場合、コンビニのATMと違い、硬貨を入金できるようになっていることが多いです。そのため、利息だけを返済したいというときに便利です。また、返済時にレシートが発行されますが、そこに次回の返済期日や、現在の債務額、利用可能額などの細かい情報が載るというメリットもあります。